▼動画・画像
▼ゲーム、同人誌、アニメ、フィギュア

【悲報】 若者のクソゲー離れが加速 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【悲報】 若者のクソゲー離れが加速



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1352626436/

1: キジ白(埼玉県):2012/11/11(日) 18:33:56.05 ID:DphzsobIP

「風俗で地雷女」「クソゲー」誰でも1度はつかまされたことがあるだろう。 
しかしそれは本当に「地雷」だったのか、「クソ」だったのか。 
風俗、ゲームから端を発し、仕事への姿勢まで、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考察する。 

(中略 以下抜粋) 

若い人はクソゲーという言葉自体、知らないかもですね。 
クソみたいなゲームのことで、面白くないゲーム、明らかにゲームとして崩壊しているものなどを指します。 

私の思い出に残るクソゲーと言えば、『バンゲリングベイ』(ハドソン 1985年)というゲームですね。 
ヘリコプターを操縦して、敵の秘密兵器の工場を破壊するというものなのですけど、 
なんか地味なのですよ。ただ、あれはあれで良ゲームだったのではないかという意見も出ました。 
その時も話題になったのですが、このゲームのWikipediaの項目をみると、元々大人向けのゲームだったのに、 
当時、『コロコロコミック』(小学館)でゲームの告知を行なっていたわけですが、明らかにゲームのターゲットと読者層がずれていたのですね。 
でも、当時、もともとのゲームの対象に告知できるメディアも少なかったわけで。 
実際の内容が優れていたとしても、ターゲット以外の人がやるとつまらなく感じるのですね。 

他にも、伝説のクソゲーとして「いっき」(サン電子)というゲームがあったわけですが、元々のアーケードゲームはなかなか面白かったそうで、 
ファミコンへの移植が上手くいかなかったというわけですね。実際にはかなり売れたらしいですが。 

こで思いついたのは「楽しむ」というスタンスです。「楽しい」かどうかではなく、どんなものでも「楽しむ」というスタンスが大事なのではないか、と。 
そして、「楽しい」ことは「楽」じゃないな、とも。「楽しむ」というスタンスがあれば、あの「バンゲリングベイ」も「いっき」も、もっと楽しかったんじゃないか、と。 

もちろん、この「楽しむ」というスタンスはたまに悪用されていて、「やりがいの搾取」が行なわれている明るいブラック企業などでは、 
きつい仕事、きつい目標を「楽しもう!」という言葉の連呼でごまかしたりしているわけですが。 

全文はソースから 
http://www.news-postseven.com/archives/20121111_154168.html 

いっき
いっき

続きを読む
関連記事


▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



ニュース速報まとめ | 【2012-11-12(Mon) 16:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © お金を増やす方法まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >