▼動画・画像
▼ゲーム、同人誌、アニメ、フィギュア

G大阪の主力選手「よくわからない指導者にかき乱された」 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - G大阪の主力選手「よくわからない指導者にかき乱された」



1 名前:れいおφ ★:2012/12/07(金) 13:19:28.05 ID:???0

今年1月、新たにサッカーJ1のG大阪の指揮を執ることになったブラジル人の
ジョゼ・カルロス・セホーン監督は「4つのタイトル(リーグ戦、ナビスコ杯、天皇杯、
アジア・チャンピオンズリーグ)を取りにいきたい」と高らかに宣言した。

だが、シーズン最終節の12月1日に待っていたのはタイトルどころか、
クラブ史上初めてとなるJ2降格という残酷な現実だった。

昨年オフ、G大阪フロントはチームの活性化を図るため、10年間かけてチームを
強豪に仕立て上げた西野朗監督との契約を更新しなかった。
元日本代表の呂比須ワグナー氏を迎えようとするも、ライセンスの問題で断念。
呂比須氏をヘッドコーチに据え、同氏の師匠に当たるセホーン氏を指揮官に選んだ。

セホーン、呂比須の両氏が力を入れた各選手の位置取りに細かい規律を求める戦術は、
西野元監督が構築した自由度の高いサッカーになじんだ選手には浸透しなかった。
負けが込むにつれ、結果はクラブ史上初のリーグ戦開幕3連敗-。
ミーティングの時間ばかりが長くなり、精神論に終始した内容に選手とコーチ陣の距離
は遠くなる一方だった。
そして、フロントは開幕から1カ月も経たない内にセホーン監督、呂比須ヘッドコーチの
解任に踏み切り、生え抜きの松波正信氏が監督の座に座った

ある主力選手はいう。「G大阪が低迷した原因は全て最初のつまずきにあると思う。
2つの教科書を失い、よくわからない指導スタッフを連れてきて、チームはかき乱されてしまった。
松波監督になっても、教科書を失ったチームは良かった頃に戻ることはできなかった」

(続きは>>2以降)

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121207/scr12120708260000-n1.htm

2 名前:れいおφ ★:2012/12/07(金) 13:19:39.19 ID:???0

(>>1の続き)

 2つの教科書とは西野監督と、昨オフにJ2千葉に移籍したDF山口智だ。
山口は2001年からチームリーダーとしてDFラインを統括し、リーグ優勝、ACL優勝に貢献。
精神的支柱でもあった。持ち前の攻めに比べ、懸念材料だった守備強化のため、
日本代表DF今野泰幸、元清水の岩下敬輔を補強したがリーグワースト2位の65失点。
松波監督はコーチ時代に仕えた西野元監督の練習方法などを取り入れたが、
優勝した広島をも上回るリーグ最多の67得点を挙げる一方で、不用意な失点場面ばかりが目立ち、
レアンドロ、家長昭博ら次々と繰り出した選手補強策も、事態の打開にはつながらなかった。

リーグを初めて制覇した2005年以降、攻めに重点を置いたサッカーでファンを魅了し、
毎年のように優勝争いしてきた“西の雄”が、来季からJ2に舞台を移すのは寂しい限りだ。
予算も縮小され、どれだけのメンバーがチームに残るかはわからない。
新たに出発するG大阪が、また輝きを取り戻す姿は見られるのだろうか。

(おわり)


引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354853968
続きを読む
関連記事


▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



ニュース速報まとめ | 【2012-12-08(Sat) 08:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © お金を増やす方法まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >