▼動画・画像
▼ゲーム、同人誌、アニメ、フィギュア

「【社会保障】国民年金未納者、過去最多の455万人…未納の74%「保険料高く払えない」」のコメントまとめ はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「【社会保障】国民年金未納者、過去最多の455万人…未納の74%「保険料高く払えない」」のコメントまとめ




厚生労働省は17日、「2011年国民年金被保険者実態調査」の結果を発表した。
同調査は、第1号被保険者の所得の状況などを市区町村職員が転記する所得等調査(岩手県、宮城県、福島県除く)と、
郵送調査(所得等調査対象者から抽出)の2種類にて実施。

調査期間は所得等調査が2011年10月~2012年3月、郵送調査が2011年11月~2012年2月、
有効回答数は所得等調査が12万3,128人分のうち98.2%、郵送調査が2万3,614人。

まず、第1号被保険者1,737万1,000人の保険料納付状況を調べたところ、
1号期間滞納者(過去2年間まったく納めていない未納者)は455万1,000人(26.2%)で、過去最多となったことがわかった。
納付者は843万5,000人(48.6%)で、うち完納者は667万9,000人(38.4%)、一部納付者は175万6,000人(10.1%)。
申請全額免除者は229万人(13.2%)、学生納付特例者は171万4,000人(9.9%)若年層納付者は38万1,000人(2.2%)となった。

2008年の前回調査と比べると、納付者は5.3ポイント減少した一方、1号期間滞納者は2.6ポイント、
申請全額免除者は2.0ポイントそれぞれ増加した。
年齢階級別に見た場合、納付者の割合は年齢階級が上がるにつれ高くなっており、55~59歳が66.0%でトップ。
それに対して、1号期間滞納者の割合は30~34歳では35.4%と最も高く、それ以上の年代では年齢階級が上がるにつれ低くなっていた。
また、1号期間滞納者の割合を前回調査と比べたところ、すべての年齢階級において増加していることが明らかになった。

http://news.mynavi.jp/news/2012/12/18/092/index.html

保険料納付状況別に第1号被保険者の属する世帯の総所得金額の分布を見ると、納付者の平均は493万円、中位数が320万円。
一方、1号期間滞納者の平均は295万円、中位数が213万円となり、低所得者の割合が納付者に比べて高くなっているものの、
世帯総所得金額1,000万円以上が3.0%いることが判明した。

1号期間滞納者について、国民年金保険料を納付しない理由を尋ねたところ、圧倒的に多かったのが
「保険料が高く、経済的に支払うのが困難」で74.1%。次が「年金制度の将来が不安・信用できない」で10.1%だった。

また、世帯総所得金額が500万円~1,000万未満でも69.7%が、1,000万円以上でも55.8%が「保険料が高く、経済的に支払うのが困難」と答えていた。
保険料を納めていないことについての意識を聞くと、「もう少し生活にゆとりができれば保険料を納めたい」が最も多く63.5%。
世帯総所得金額別に見ると、1,000万円未満では「もう少し生活にゆとりができれば保険料を納めたい」が大半となったが、
1,000万円以上でも44.7%に上った。



詳細(常識的に考えたのまとめ記事へ)
http://blog.livedoor.jp/jyoushiki43/archives/51890392.html


続きを読む
関連記事


▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



ニュース速報まとめ | 【2012-12-23(Sun) 16:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © お金を増やす方法まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >