▼動画・画像
▼ゲーム、同人誌、アニメ、フィギュア

任天堂・岩田社長 「任天堂のゲームは本物のゲーム。モバゲーのゲームは偽物。これが任天堂の考え」 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 任天堂・岩田社長 「任天堂のゲームは本物のゲーム。モバゲーのゲームは偽物。これが任天堂の考え」



1: マンクス(愛知県) 2013/01/06(日) 11:47:25.06 ID:sW8jJ/2DP BE:1046876562-PLT(12000) ポイント特典
岩田社長に「射幸心をあおって課金を促す手法について、どう考えているのか」と突っ込んで聞いた。
任天堂プラットフォームでゲームソフトを提供しているゲーム会社の多くは、
GREEやモバゲーにソーシャルゲームを提供している。だからであろうか、岩田社長はひとつ1つ言葉を慎重に選びながら、話し始めた。

「私には私なりに思うことは当然あります。自分の商道徳から考えて絶対に受け入れられないことをやっている方たちがいるのも事実です。
ですが、私の今の立場でそれを外に向かって発言できるかっていうのは、また別の話でね。
しかも、今うちの業績が何の問題もないならいざ知らず、ずっと長いあいだ続いていた記録を途絶えさせてしまった
張本人である私が他社さんのサービスについてあれこれいうのは、これは違うだろうと思っている」

「ただ、我々は、お客さまが(任天堂や同社のゲームに)どれだけ敬意を持ち続けていただけるかで、
長期的な関係が築けるかどうかが決まると思っているんですね。私は、そっち(射幸心をあおる手法)にいかなくても、
ゲームビジネスの健全性を維持してみせると思ってやっています。それを世に示した1つの例が、どうぶつの森ですね」

「どうぶつの森を楽しんでいただく人がもっと増えて、もっと社会で話題になって、
これが本物のソーシャルゲームだといっていただけたら、世間の見方が変わるチャンスかもしれませんね。
ただね、これが本物かどうかを決めていただくのはお客さんなんで、私がこれが本物ですというわけにはいきませんから。
これが質が高いソーシャルゲームだよねとか、これが本物だよねといっていただける方が増えるといいなぁという以上には言えないですけどね」

「任天堂は任天堂なりの方法でソーシャルゲームを発展させ、健全なゲームの世界を守り抜く」――。
岩田社長の言葉を咀嚼(そしゃく)すれば、そういうことになる。
とびだせ どうぶつの森は、そんな任天堂が考えるソーシャルゲームを体現し、多くの人に受け入れられた。

だが任天堂流のソーシャルゲームは、これに終わらない。昨年12月、任天堂は、任天堂なりのソーシャルゲームを発展させる新たな挑戦に取り組み始めた。

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50298050V00C13A1000000/?df=5

続きを読む
関連記事


▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



ニュース速報まとめ | 【2013-01-07(Mon) 12:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © お金を増やす方法まとめ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >